Ⅰの部の第一部(有価証券届出書の第二部)の冒頭には、連結及び提出会社について「主要な経営指標等の推移」を記載する項目があります。

この項目を「ハイライト情報」と呼ぶことがあります。

 

 

 

 


(ハイライト情報の記載項目)

ハイライト情報の記載項目の概要は以下のとおりです。

(1)  連結経営指標等

最近5連結会計年度(注1)に係る主要な経営指標等の推移を記載します。

(注1)連結財務諸表が作成されている連結会計年度について記載します。(企業内容等開示ガイドライン5-12

記載項目は以下のとおりです。

(a)   売上高

(b)   経常利益金額又は経常損失金額

(c)   当期純利益金額又は当期純損失金額(親会社株主に帰属する当期純利益金額又は親会社株主に帰属する当期純損

   失金額)

(d)   包括利益金額

(e)   純資産額

(f)    総資産額

(g)   1株当たり純資産額

(h)  1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額

(i)    潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(j)    自己資本比率

(k)   自己資本利益率

(l)    株価収益率

(m) 営業活動によるキャッシュ・フロー(注2

(n)  投資活動によるキャッシュ・フロー(注2

(o)   財務活動によるキャッシュ・フロー(注2

(p)   現金及び現金同等物の期末残高(注2

(q)   従業員数

 

(注2)連結キャッシュ・フロー計算書が作成されている連結会計年度について記載します。

 


(2)  提出会社の経営指標等

最近5事業年度(注3)に係る主要な経営指標等の推移を記載します。

(注3)6か月を1事業年度とする会社にあっては10事業年度について記載します。

(注4) 最近5事業年度のうちの最初の3事業年度については、会社計算規則の規定に基づき算出した各数値を記載す

    ることができます。

記載項目は以下のとおりです。

(a)   売上高

(b)   経常利益金額又は経常損失金額

(c)   当期純利益金額又は当期純損失金額

(d)   持分法を適用した場合の投資利益又は投資損失の金額(連結財務諸表を作成している場合を除く)

(e)   資本金

(f)    発行済株式数

(g)   純資産額

(h)  総資産額

(i)    1株当たり純資産額

(j)    1株当たり配当額(中間配当を含む)

(k)   1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額

(l)    潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(m) 自己資本比率

(n)  自己資本利益率

(o)   株価収益率

(p)   配当性向

(q)   営業活動によるキャッシュ・フロー(連結財務諸表を作成している場合を除く)(注5

(r)   投資活動によるキャッシュ・フロー(連結財務諸表を作成している場合を除く)(注5

(s)   財務活動によるキャッシュ・フロー(連結財務諸表を作成している場合を除く)(注5

(t)    現金及び現金同等物の期末残高(連結財務諸表を作成している場合を除く)(注5

(u)  従業員数

 

(注5)キャッシュ・フロー計算書が作成されている事業年度について記載します。

 

過年度遡及会計基準におけるハイライト情報の取扱い

最近連結会計年度(最近事業年度)に会計方針の変更、表示方法の変更、過去の誤謬の訂正を行った場合は、その1期前(5期並んでいるうちの4期目)の経営指標等について遡及修正を行わなければなりません。

なお、それ以前の期についても注記を付した上で遡及修正後の数値を記載することができます。(企業内容等開示ガイドライン5-12-2

 

関連項目:Ⅰの部

 

サイト内検索

Loading

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 警察庁

 金融庁

 日本証券業協会

 日本弁護士連合会

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。