期越え上場とは、上場日が上場申請事業年度の翌事業年度となる上場(日程)のことをいいます。

 

上場審査項目には決算数値に係るものが多いため、上場に係る日程は会社の事業年度(決算期)を単位に設定されます。

例えば取引所への正式な上場申請は、上場申請直前事業年度に係る定時株主総会終了後に、確定した決算数値等を申請書類に反映させた後に行われます。

また、上場日については、上場申請事業年度内に上場するのが一般的であると考えられています。

 

その一方で、審査日程の柔軟化や上場時期の分散化という要請から、実際の上場のタイムリミットは上場申請事業年度の決算数値が確定する定時株主総会までとされています。

そのため、上場申請事業年度の翌事業年度の上場(日程)のことを、特に「期越え上場」と呼びます。

(例)平成X3月期を上場申請直前事業年度とする場合、上場のタイムリミットは平成X+13月期(上場申請事業

   年度)に係る定時株主総会までです。

 

期越え上場の場合には、取引所の審査において1年分更新された中期計画や新年度の利益計画の提出等、年度替わりに伴う追加の手続きが発生します。

 

(内部統制報告制度(J-SOX)の適用対象となる時期について) 

上場申請事業年度中に上場した場合は、上場後最初に提出する有価証券報告書(上場申請事業年度に係る有価証券報告書)とあわせて内部統制報告書の提出が必要となりますが、期越え上場の場合、内部統制報告書の提出が必要となるのは、上場申請事業年度の翌事業年度に係る有価証券報告書の提出時からとなります。

また、内部統制報告書には、公認会計士または監査法人の監査証明を受けなければなりませんが、上場日から3年を経過するまでは、監査証明を受けなくてもよいとされています。(金融商品取引法 第193条の2 第2項 第4号、金融商品取引法施行令 第三十五条の三)(注1)(注2)


(注1)上場日の属する事業年度の直前事業年度末の資本金が100億円以上、または、負債合計が1,000億円以上で

    ある場合を除く(財務計算に関する書類その他の情報の適正性を確保するための体制に関する内閣府令 第

    10条の2)

(注2)期越え上場の場合は、上場日の属する事業年度開始日から3ヶ月を経過した日から3年


 

 

 

関連項目:証券会社審査と取引所審査

 

サイト内検索

Loading

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 警察庁

 金融庁

 日本証券業協会

 日本弁護士連合会

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。