【黒川】予算管理の効果

 IPOを実現するまでの費用はどの程度要するのでしょうか。一般的には、監査法人監査費用、証券会社公開指導料、目論見書等印刷代等々を合わせると少なくとも数千万円程度は要してしまうのが現状です。また、上場準備作業及び管理体制強化のための人員増強等による人件費も要するケースが多いでしょう。このことから、一見、IPO実現にはコストばかり要してしまい、市況低迷している現状では費用対効果の点から上場のメリットはあまりないように思われるかもしれません。しかし、IPOを準備するための管理体制構築において、利益に貢献できるものもあります。その一つとして、予算管理体制を整備、運用することで利益管理を行うことが挙げられます。

 具体的には、年度予算を月次で積み上げ方式によって策定して月次で実績と比較して、予算達成度合いを分析するものですが、部門別、セグメント別、製品別、販売先別等に細分化して予算を策定し、月次実績との比較を分析します。いわゆる目標とする業績と実際の業績との乖離を様々な切り口で分析して、業績を「見える化」するのです。この「見える化」を行うことによって、どの部門、製品、セグメント、販売先等がどれだけの利益を生み出しているか、予算との差異はどのような原因かを把握することができます。これによって、経営情報が可視化され迅速な経営判断が可能となり、利益創出に貢献できることとなります。実際にどれだけの利益に貢献できているかは定量的には測定できませんが、予算管理をしっかりと行っているのと行っていないのとでは、利益額はかなり違ってくるものと思われます。

 まずは、月次での細分化した予算と実績数値を把握し差異を合理的に分析することが必要です。個人別に細分化すれば個人別の業績評価基準にも利用できます。次にその分析結果を踏まえて実際に経営判断を行っていくこととなります。

 予算管理を利益貢献のための手段として位置付け、しっかり行うことでIPO準備費用を超える効果が期待できるかも知れません。そうなれば、計画した利益よりもさらに利益が上積みされ、より強固な利益体質となることでしょう。利益面においてもまた管理体制整備面においてもIPO実現に大きく近づくこととなります。利益管理の意識を高く保ち積極的に予算管理を実行することで、より精緻な予算管理となればさらに効果が高まると思われます。

 IPOを目指していない会社でも、是非、利益創出に貢献できる予算管理制度を導入してみてはいかがでしょうか。

 

黒川) 

 

サイト内検索

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 警察庁

 金融庁

 日本証券業協会

 日本弁護士連合会

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。