【加藤】諸外国のコーポレート・ガバナンス

 「あなたの会社のコーポレート・ガバナンスの状況はいかがですか?」

 と聞かれたら皆さんどうお答えになられるでしょうか。

 用語自体の解説はこちらを見ていただくとして、上場審査の際は、特にしっかりと確認される項目の一つです。

 具体的には、定款の内容、取締役会等重要な会議体の実効性、三様監査(監査役監査、監査法人監査、内部監査)の運用状況、組織体制と業務分掌・職務権限の適合性等々、挙げだしたらきりがありません。

 ところで、このコーポレート・ガバナンスに関して、諸外国の制度や考え方が「月刊監査役」という監査役向けの月刊誌で連載されているので今回ご紹介したいと思います。

 「各国のコーポレート・ガバナンス」というシリーズで、最新の2013年5月号では21回目としてスウェーデンが取り上げられています。

 本シリーズの特徴は、「海外のコーポレート・ガバナンス」というテーマでは普段取り上げられないような国々が解説されている点にあります。

 過去20回の状況は下記のとおりです(括弧書きは掲載月)。

 

 第1回 インド(2011年4月)               11回 韓国(2012年6月)

 第2回 ベトナム(2011年6月)            12回 ロシア(2012年7月)

 第3回 マレーシア(2011年7月)         13回 メキシコ(2012年8月)

 第4回 インドネシア(2011年8月)          14回 トルコ(2012年9月)

 第5回 ブラジル(201110月)            15回 スペイン(201210月)

 第6回 タイ(201111月)                  16回 カンボジア(201211月)

 第7回 シンガポール年月(2012年1月)  第17回 イタリア(201212月)

 第8回 フィリピン(2012年2月)             18回 オランダ(2013年2月)

 第9回 台湾(2012年3月)                   19回 コロンビア(2013年3月)

 第10回 香港(2012年5月)                 20回 バングラディシュ(2013年4月)

 

 毎回、その国の概要と法体系、各種機関の構成、外資規制といった一定の視点から充実した解説がなされ、比較もしやすい内容です。全て目を通せている訳ではありませんが、執筆者の方の見識への畏敬の念とともに、クライアントが事業展開している国や関連する国については興味深く拝読しています。

 J-SOX等の関係で海外子会社にお邪魔する機会もありますが、親会社に憧れを抱く現地社員から熱心に日本の企業統治体制を質問されることがあり、これらの記事はその回答の際にとても参考になりました。

 皆さんの会社のコーポレート・ガバナンスの状況は、これらの国々からはどのように映っているのでしょうか。

上場準備を通じて、お手本となるような体制、海外からも安心して投資してもらえるような体制を構築していただければと思います。

 

加藤

 

サイト内検索

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 警察庁

 金融庁

 日本証券業協会

 日本弁護士連合会

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。