【加藤】上場準備の副産物

  今年は記録的な積雪もあり寒い冬が続きましたが、ようやく春が感じられるようになってきました。自宅の前の公園でも河津桜が綺麗に色づいています。

  上場企業の人事総務セクションの方々は4月から入社してくる新入社員の受け入れ準備で忙しい時期かも知れません。

  一方、IPOを目指すベンチャー企業にとっては、新卒社員を多く受け入れる会社は少数派だと思います。経営者としてはどこにも染まっていない新卒社員をしっかりと育てていきたい想いがあることでしょう。ただ、限られたリソースで結果を出さないといけないベンチャーにとって、新卒の社員を育てている余裕がない、また、応募者も少ない、というのが現実ではないでしょうか。

  ところが上場を果たすと状況は変わっていきます。IPOしたことによりその企業の知名度、好感度が上がり、新卒の優秀な学生も採用しやすくなります。

  新卒社員が入社してきた際、果たして彼らへの研修制度は整っておられますか?

  整っているか整っていないかは別にして、ここでお薦めしたいのが上場準備で整備してきた成果物達の活用です。例えば、ロードショーマテリアル、中期経営計画、業務分掌規程や職務権限規程をはじめとした諸規程、稟議フロー、J-SOXフローチャート、内部監査調書等々。また、Ⅰの部やⅡの部・マザーズ説明資料の中にも新人研修に転用できる項目は多々存在するのではないでしょうか。

  既存の役職員の方々の知恵が集約されたこれらの資料を、それぞれの立場で新人に伝えていくカリキュラムを組んであげれば、ライブ感もあり、一般的な研修マテリアルを利用するよりもとても意味があるように思います。新人に教える手前、改めて現状を確認する機会にもなります。

  上場準備中の方々も、上場を実現された方々も、上場準備作業のこうした効果も念頭に置かれてはいかがでしょうか。

 

加藤

 

IPO社数の市場別内訳(TOKYO PRO Market以外)

2021IPO社数(予定を含む)=83 

2021

9月17日現在

上場

上場

予定

東証1

3

2

東証2

3

*1

マザーズ

*49

11

JASDAQ

*13

0

名証2

*1

*1

セントレックス

*1

0

Qボード

*2

0

合計

72

15

複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

 

(ご参考)2020IPO社数=93 

 

上場

上場

予定

東証1

6

0

東証2

9

0

マザーズ

63

0

JASDAQ

14

0

セントレックス

1

0

合計

93

0

サイト内検索

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 金融庁

 日本証券業協会

 東京証券取引所

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。