【加藤】都内の高層ビル建設

紅葉の季節となりました。都内を歩いていると街路樹が様々な表情を見せています。街の変化といえば最近は至るところで高層ビル建築のためのガードも目立つ状況です。弊社のある日本橋・茅場町界隈でも建築ラッシュの様相を呈しています。

東京五輪まで1000日を切り、観光都市東京への投資熱は高まるばかりですが、いったいどのくらいの高層ビルのプロジェクトが進捗しているのか気になって調べてみました。

「東京都内 高層ビル 着工」といった感じで検索してみるとすると、いろいろと便利なサイトがあるもので、ここ数年の状況をすぐに把握できました。

中でも「日本の超高層ビル」というサイトは東京のみならず全国の高層ビルデータを色々な切り口で取り纏めており、一見の価値あるサイトだと思います。2015年以降の東京都区市別の竣工順データも閲覧でき、それを見ると今後もまだまだ竣工ラッシュが続くようです。

また、森トラストさんが公表している東京23区の大規模オフィスビル供給量に関する調査レポートによれば、2016年から2020年にかけての特徴は10万㎡以上の超大規模案件が過去に比べて突出して多い点にあるようです。建替えや再開発によって大規模オフィスビルが竣工すると人の流れが変わります。人の流れが変わればそれに合わせたサービス商機も生まれます。

ちなみに弊社のDBで最近の傾向を分析すると不動産業、建設業のIPO銘柄は以下のような推移で、概ね世相を反映しているようです。

     不動産業   建設業

2011年   4件     0件

2012年   2件     0件

2013年   3件     4件

2014年   4件     0件

2015年   7件     6件

2016年   5件     4件

2017年※  7件     2件

※直近までの集計

これらの業種以外にも、いざなぎ景気超えともいわれる現在の経済環境の中でしっかりと商機をとらえ、IPOをステップに更なる成長を目指されている会社さんが増えているように思います。

ただ、上り調子はいつまでも続きませんし、近隣諸国の地政学的リスクや天災リスクは常に予断を許しません。

IPOを目指される会社さんは、足元の業績を正確・タイムリーに集計・分析できる体制を構築し、合理的な予算を編成して、急な環境変化にも臨機応変に対応できる経営基盤をしっかりと構築していただきたいと思いますし、そのお手伝いを継続していきたいと思います。

 

 

 

加藤

サイト内検索

Loading

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 警察庁

 金融庁

 日本証券業協会

 日本弁護士連合会

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。