【古川】ビットコイン

仮想通貨ビットコインの価格が乱高下しています。2017年の12月には230万円超の高値を付けたビットコインが、今月の17日には一時100万円を割り込むまで暴落しています。最近はテレビのワイドショーで「億り人」の話題が取り上げられる等、ビットコインの認知度は一般にもかなり高まっているようです。

 

ただ、ビットコインがそもそもどんなものであるかを知っている人は、私も含め意外と少ないのではないでしょうか。そこで少しビットコインについて調べてみました。

  • ビットコインは仮想通貨の一種であり、他の仮想通貨としてエセリウム、リップル等が存在する。
  • 仮想通貨と電子マネーの違いは「管理者」の有無、国際取引に使えるか否か、価格変動の有無である。
  • ビットコイン等の仮想通貨は、地球規模でほぼゼロのコストで送金できるようになり、グローバルな経済活動の形態を大きく変える可能性がある。
  • マイニングとはビットコインの取引をブロックチェーンに記録することであり、現在は中国の少数のマイナー企業による寡占状態となっていると言われている。
  • 日本では2017年4月から改正資金決済法が施工され、ビットコインが正式な決算手段とし認められている。

 

等々この程度のスペースでは全く説明しきれませんが、最近ではメガバンクが仮想通貨を発行する動きがあったり、スウェーデンやエストニアでは中央銀行が仮想通貨を発行する計画もあるようで、今後急速に仮想通貨の利用が広がる可能性もあります。

 

仮想通貨はIPOにも大きな影響を及ぼす可能性があり、最近では仮想通貨を発行することにより資金調達をするICO(Initial Coin Offering)が活発になりつつあります。CNBCによると2017年上半期の調達額は12億ドルとなったということです。ただICOについては制度が未整備であり、詐欺的な行為も横行し、中国では2017年9月にICOを禁止しています。ICOについては、日本においても制度整備が進むものと予想され、将来的にはICOによる上場の取引所審査等も強化される可能性があります。

 

さて、私の仮想通貨の利用状況というと、口座開設したことも、使ったこともありません。最近SuicaをApple payに入れ、積極的に電子マネーを使おうとしている程度です。

ただ日本では、まだまだ電子マネーでさえ普及率が低く、電子マネーの利便性も今一つという印象です。いまから「億り人」になるのは難しそうですが、勉強のため、ビットコインの口座開設をしてみようかと考える今日このごろです。

 

古川

サイト内検索

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 警察庁

 金融庁

 日本証券業協会

 日本弁護士連合会

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。