【原田】上場承認後の中止いろいろ

IPO会社(TOKYO PRO Marketを除く)は、取引所による上場承認の発表後、約1か月のファイナンス期間を経て、取引所に上場します。

ほとんどの会社は、上場が承認されれば、そのまま上場までたどり着くのですが、ごくわずかながら、上場承認はされたものの、上場までの約1ヶ月の間に不測の事態が発生し、上場を中止または延期(以下「中止」とします。)する会社が出ます。

今回は上場承認後に、上場中止を決定した会社の事例を見ていきたいと思います。

 

1. 上場承認後、上場を中止した会社数(TOKYO PRO Marketを除く)

毎年数件の中止が出ます。2020年はコロナ禍の影響で市場が混乱し、上場をいったん中止する会社が続出しました。

(単位:社)

 

2016

2017

2018

2019

2020

2021

承認社数

85

92

95

88

112

60

上場社数

83

90

90

86

93

57

中止社数

2

2

5

2

19

3

(注1)ある会社が上場承認後に上場を中止し、同じ年に再承認された場合、承認社数は2社とカウントしている。

【上場中止と再承認が同年の会社】

2018年:中止5社中1

2020年:中止19社中10

2021年:中止3社中1

(注22021年は614日までに上場承認された会社が対象。(上場社数には上場予定を含む)

 

2. 中止の理由

中止の理由が詳細に開示されることは、ほとんどありません。会社発表資料等から推定される理由は、概ね以下のようなものです。

①会社の業績等に影響を与える可能性のある事象の発生

(例)業界動向、会社の大口見込み案件の動向等

会社の内部統制の有効性に関して確認すべき事項の発生

(例)不適切会計やコンプライアンス上の問題(ハラスメント等)の発覚、
もしくはこれらに関する内部告発等

③一時的な証券市場の混乱

④公開価格に対する大口株主の思惑

 

3. 個別の事例

2回、上場を中止した事例

2021316日に上場したウイングアーク1st㈱は、2019年と2020年にも上場承認が公表されましたがいずれも中止。3回目の承認で東証1部に上場しました。

他には、Avanstrate㈱が、2011年と2012年の計2回、上場承認発表後に上場を中止した例があります。

②再承認時に、前回中止時の懸念事項の確認結果を開示した事例

㈱インバウンドテックは、2018525日にマザーズへの上場承認が公表されましたが、社内において確認すべき事項があるとして上場を中止。その後同社は、2019年に、第三者委員会の「上場にあたって懸念される事項等、重大な問題点等は発見されなかった」との報告を入手し、その旨を開示の上、20201218日にマザーズへ上場しました。

③ファイナンス期間中に顧客情報の漏えいが発覚した事例

 

 

201611月にマザーズへの上場承認が発表された㈱ZMPは、直後に顧客情報の漏えいが発覚。いったんは、情報漏えいやその影響の概要を「事業等のリスク」に追記してファイナンス手続きを続行しましたが、2016128日(公開価格決定日の前日)に上場の中止を発表しました。

 

原田

2021IPO社数(予定を含む)=92

10月22日現在

市場別

2021

上場

(含予定)

2020

通期

(参考)

東証1

5

6

東証2

5

9

マザーズ

67

63

JASDAQ

13

14

名証2

2

0

セントレックス

1

1

Qボード

3

0

合計

*96

93

複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

サイト内検索

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 金融庁

 日本証券業協会

 東京証券取引所

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。