【原田】IPOの陰の立役者〜証券印刷会社

今年もあと10日となり、2021年のIPOの状況の大勢が明らかになってきました。

2021年のIPO社数は125社(注)で、昨年の93社を大きく上回ることになりそうです。

(注)2021年12月17日現在。(上場予定を含み、TOKYO PRO Marketを除きます)

 

この時期になると必ず話題になるのが、年間の市場別IPO社数や、主幹事証券・監査法人など、IPO関係者の年間ランキング(シェア)です。

ここでいう「IPO関係者」に明確な定義はありませんが、よく話題に上るのは、証券会社(主幹事、引受証券)、監査法人、信託銀行等(株式事務代行機関)と証券印刷会社です。

今回は、これらIPO関係者のうち、証券印刷会社につぃてご説明したいと思います。

 

(証券印刷会社とは・・・)

「証券印刷会社」という言葉にも明確な定義はありませんが、有価証券届出書や有価証券報告書、事業報告、招集通知など、上場会社等のディスクロージャー関連資料の制作支援及び印刷を行う会社のことをいいます。

 

(特別な存在)

「IPO関係者」(証券会社、監査法人、信託銀行等、証券印刷会社)の中で、証券印刷会社のみ、取引所の規則で選定が義務づけられていません。

にも関わらず、IPO準備の際に、「証券印刷会社と契約しなくてよい」というIPOコンサルタントはいません。

なぜなら、証券印刷会社のサービスは、金融商品取引法や会社法、取引所規則などディスクロージャーに関する高度な専門知識と経験に裏付けられており、証券印刷会社の支援を受けるかどうかで、IPO準備会社の作業負担が大きく変わるからです。

 

(証券印刷会社のシェア)

証券印刷会社には高度な専門知識と経験が必要であるため、現在のIPO市場でこの役割を果たせるのは、事実上、㈱プロネクサスと宝印刷㈱の2社のみです。

(注)2021年のIPO社数125社のうち、66社がプロネクサスと、59社が宝印刷と契約しています。(ラルク調べ)

 

(証券印刷会社を確認する方法)

上場承認が発表された会社が、どの証券印刷会社と契約しているかについては、取引所の資料を見てもわかりませんが、以下の方法で確認することができます。

  1. 多くの場合、目論見書(印刷されたもの、もしくはPDF版)の裏表紙の右下に、証券印刷会社名が表示されています。
  2. 目論見書(PDF版)のメニューから「ファイル(F)」-「プロパティ(E)」とたどっていくと、「概要タブ」の「作成者」の項目に、証券印刷会社名が表示されている場合があります。

 

上記2つの方法で、上場時ファイナンス中の会社が、どの証券印刷会社と契約しているか、9割方、確認することができます。

しかし、どちらの方法でも、証券印刷会社名がわからない場合があります。

このような場合、ここ数年の傾向で言うと、証券印刷会社はまず宝印刷です。

正確なことはわかりませんが、どうもこれは、両社の目論見書制作の工程の違いによるもののようです。

 

原田

 

2022IPO社数(予定含む)=43

2021年IPO社数(通期)=125社

7月1日現在

市場別

2022

上場

(含予定)

2021

通期

(参考)

スタンダード

グロース

東証1

5

22

1

6

東証2

3

8

マザーズ

10

93

JASDAQ

メイン-名

1

1

16

名証2

0

3

ネクスト-名

セントレックス

1

0

1

Qボード

0

3

合計

44

130

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

サイト内検索

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 金融庁

 日本証券業協会

 東京証券取引所

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。