220101 元旦プログ「IPOに係るトピックなど」

明けましておめでとうございます。

 

昨年のIPO実現社数は125社と活況が続いています。小ぶりの会社が増えて来ているとは言え、12月だけで32社も上場したことにより、流石に一時的にせよ相場全体に対する波乱要因になったように思います。実は、秋口はこれよりも上場する社数が多くなるのではないかと言われていました。表立ってはいませんが、東京証券取引所へ申請した会社の中には審査に不合格であったか、主幹事証券会社の段階で直前に取引所への申請をストップした会社もあったと言うことです。来年は、環境さえ変わらなければ、これら延期している会社が3月頃に上場を実現する会社もあると思われ、昨年よりもIPO社数多くなると言う声もあります。凄いですね。

 

一方、IPO社数は増えていますが、年々規模が小さくなってきています。主幹事証券会社は対応すべき社数が多くなり過ぎて指導を十分に出来ない状態が続いています。その為、今まで以上に企業選別を強めて来そうです。監査法人も手が回らず、監査難民と言う言葉があるほどですので、このままだとIPOを実現できる会社数としての物理的限界に近いと言うことになります。そこで注目されるのはIPOコンサルでしょう。元旦ですので、この話は改めてする機会があればと思います。

 

今年のIPOを取り巻くトピックは、新市場(プライム、スタンダード、グロース)がスタートすること、公開価格決定プロセスのあり方等に関するワーキング・グループ(日本証券業協会)が1月下旬に報告(案)の取りまとめを行う予定であることや、SPAC制度の在り方等に関する研究会(東京証券取引所)は既に4回が終了しており、どのような制度になるのか注目されます。弊社はIPO実務支援特化型のコンサル会社ですので、IPO関係が注目されるのは有難いことではありますが、気を緩めることが出来ない一年になりそうです。

 

身近なところでは、新型コロナがどのようになるのか気になりますね。中でもIPOを目指す会社の業績に与える影響が気になります。どうしても、全ての出来事をIPOに関連させてしまいます。

弊社は常にIPOに関しての最新情報を入手し、知識の習得に努め活かすことが出来るよう活動し、IPOに関係している方々に喜んで頂けるようして参りたいと思います。

 

本年も引き続き宜しくお願い致します。

 

鈴木

2022IPO社数(予定含む)=9

1月21日現在

市場別

2022

上場

(含予定)

2021

通期

(参考)

東証1

1

6

東証2

0

8

マザーズ

6

93

JASDAQ

2

16

名証2

0

3

セントレックス

0

1

Qボード

0

3

合計

9

130

 

2021IPO社数=125

12月31日現在

市場別

2021

上場

2020

通期

(参考)

東証1

6

6

東証2

8

9

マザーズ

93

63

JASDAQ

16

14

名証2

3

0

セントレックス

1

1

Qボード

3

0

合計

*130

93

複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

サイト内検索

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 金融庁

 日本証券業協会

 東京証券取引所

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。