【原田】TOKYO PRO Marketの光と影③(上場承認前の中止)

6月も半ばとなり、2022年も間もなく、折り返し地点にさしかかろうとしています。

2022年前半のIPO市場(TOKYO PRO Marketを除く)は、コロナ禍で市場が混乱した2020年ほどではありませんが、上場承認後の中止を決定する会社が多いように思います。

(以下、社数はラルク調べ)

 

IPO社数(TOKYO PRO Marketを除く)

年度

上場承認

a

承認取消

b

上場

c=a-b

2020

112

19

93

2021

130

5

125

2022

(注)

46

8

38

(注)2020年及び2021年は通年。2022年は610日現在(上場予定を含む)。以下同じ

 

 

一方、TOKYO PRO MarketTPM)は、上場時にファイナンスを行わない会社が多いためか、市場の混乱の影響を受けず、IPO社数を順調に伸ばしているように見えます。

 

IPO社数(TOKYO PRO Market

年度

上場申請

A

申請取下

B

上場承認

C=A-B

承認取消

D

上場

E=C-D

2020

10

0

10

0

10

2021

15

1

14

1

13

2022

12

1

11

0

11

 

 

上記の表を見てお気づきと思いますが、TPMと、それ以外では表の形式が異なります。

TPM以外の市場では、上場承認時に取引所が公表するのに対し、TPMの場合は、上場申請の時点で東京証券取引所が公表します。そのため、同じ「中止」といっても、上場承認前の中止なのか、上場承認後の中止なのか、データをとることができます。

(注)前身のTOKYO AIM時代を含め、TPMへの上場申請が公表された会社は81社あり、そのうち上場中止となったのは4社です。(承認前の中止3社。承認後1社)

 

上場承認前であろうと後であろうと中止であることに変わりありませんが、上場予定が公表された後に中止となるのは、気まずいものです。

 

上場中止になった会社のことを考えると、規則上の立て付けはともかく、心情的には、公表は他の市場と同じく、上場承認時でもよいのかな、という気がしないでもありません。

 

原田

2022IPO社数(予定含む)=43

2021年IPO社数(通期)=125社

7月1日現在

市場別

2022

上場

(含予定)

2021

通期

(参考)

スタンダード

グロース

東証1

5

22

1

6

東証2

3

8

マザーズ

10

93

JASDAQ

メイン-名

1

1

16

名証2

0

3

ネクスト-名

セントレックス

1

0

1

Qボード

0

3

合計

44

130

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

サイト内検索

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 金融庁

 日本証券業協会

 東京証券取引所

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。