【原田】TOKYO PRO Marketの光と影④(胎動?)

大型連休も終わり、ひと休みしていた上場承認も再開される時期になりました。

今年の新規上場社数(430日現在)は、26社(他にTOKYO PRO Market 11社)とほぼ前年並みとなっています。

今回はこのうち、TOKYO PRO Marketの動向について、見ていきたいと思います。

なお、新規上場社数等の集計値は手集計によるものであり、集計ミス等があるようでしたらご容赦ください。

    以下では、TOKYO PRO Marketを「TPM」、それ以外の市場を「一般市場」としています。

 

1)認知度の向上と会社規模の大型化

ここ数年、TPMへの上場社数は毎年増加していますが、2020年に年間10社に到達して以降、増加ペースが加速しているように思います。

また、(社数が少なく、ばらつきも多いものの)各社の直前期の売上高平均は50億円を超えるところまで来ています。

これらの点については、諸事情により目先の一般市場への上場を見送った会社の受け皿として、TPMが受け容れられつつあるとみることもできると思います。

 

2017

2018

2019

2020

2021

2022

2023

TPM

新規上場

7

8

9

10

13

21

11

直前期

売上平均

18.8

8.2

55.6

36.7

69.8

54.1

66.1

一般市場へのステップアップ

1

1

1

2

1

    2023年の集計値は、いずれも2023430日現在のものです。

 

2)一般市場へのステップアップ事例

TPMの上場会社が一般市場へステップアップした初の事例は、2017年にJASDAQへ上場した㈱歯愛メディカルです。
TPM
の前身のTOKYO-AIMへの上場第1号(メビオファーム㈱)は2011年のことですから、ステップアップ事例が出るまでに、6年以上かかっています。しかしその後はほぼ毎年、一般市場へステップアップする会社が出ています。(20234月現在 計6社)

TPMへ上場する会社の規模の大型化は、このような点にも影響していると思われます。

 

3)一般市場で主幹事実績のある証券会社のJ-Adviserへの参入

TPMの上場においてJ-Adviserは、一般市場の主幹事証券に近い役割を担っていますが、J-Adviserの実績のある会社は、フィリップ証券㈱、㈱日本M&Aセンター、宝印刷㈱などで、一般市場の主幹事証券としての実績を持つ会社はほとんどありません。

日本取引所グループが一般市場の主幹事証券候補として公表している会社(注1)のうち、TPM上場時にJ-Adviserとなった初の事例は2020年のエイチエス証券㈱(現在の Jトラストグローバル証券㈱)で、同社は直近までに5社(注2)のJ-Adviserの実績があります。

また今年にはいり、アイザワ証券㈱がJ-Adviserを務める会社が上場しています。

(注1https://www.jpx.co.jp/equities/listing-on-tse/new/basic/03.html

(注2)エイチエス証券㈱の実績を含みます。

 

証券各社の戦略の違いはあると思いますが、このように一般市場で主幹事実績のある証券会社のJ-Adviserへの参入が目立ち始めると、主幹事獲得の陣取り合戦が、一部TPMに波及する可能性も考えられます。

 

上述のようなシナリオは、関係者であればずっと前から描けていたかもしれませんが、これらのシナリオをなぞれる程度に実績が積み上がってきたことは注目に値すると思います。

 

流動性の問題など、TPMにはまだまだ課題がありますが、少しずつ前進しているのではないかと思います。

 

原田

2024IPO社数(予定を含む)=19*

2023IPO社数(通期)=96*

 

2月22日現在

市場別

2024

(含予定)

2023

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

メイン-名

札幌(本則)

ネクスト-名

アンビシャス

0

2

17

0

0

1

0

2

23

66

5

1

1

0

 Qボード 0 1

合計

   20

99

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

 

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

サイト内検索

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 金融庁

 日本証券業協会

 東京証券取引所

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。 

 

2023IPO社数(通期)=96*

2022IPO社数(通期)=91*

 

市場別

2023

2022

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

メイン-名

札幌(本則)

ネクスト-名

アンビシャス

2

23

66

5

1

1

0

3※1

142

70※3

2

0

2

1

 Qボード 1 0

合計

   99

92

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

1:東証11社を含みます。

2:東証2部+JQ4社を含みます。

3:マザーズ10社を含みます。

2022IPO社数=91

2021年IPO社数=125社

 

市場別

2022

 

2021

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

東証1

2

10

60

1

6

東証2

3

8

マザーズ

10

93

JASDAQ

メイン-名

1

2

16

名証2

0

3

ネクスト-名

セントレックス

2

0

1

Qボード

アンビシャス

0

3

合計

92

130

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。