【古川】新しいNISA

先月、いつもの美容院でいつもの美容師にカットしてもらっていたところ、ふとしたことから投資の話になりました。

美容師「いやー、実は投資を始めたいと思ってるんですけど、全く知識がないんですよね。どうしたらいいっすか?」

私  「なんなら簡単なことだけ少し話しましょうか?」

美容師「ぜひお願いします!」

ということで、投資に関する基礎的な事項を少しレクチャーすることになりました。内容としては、「株式とは、外貨預金とは、投資信託とは、分散投資とは、iDeCoとは、NISAとは?」等ごくごく簡単な内容ですが、ほとんど知識の無い人に説明するというのもそれはそれで勉強になりました。

 

一方で、最近SNSの広告では、著名投資家・経営者、実在する証券会社をかたった詐欺まがいの広告が蔓延しています。すこしでも知識がある人であれば「証券会社がこんな広告をだすはずがない」ということがわかるのですが、騙されてしまう人もいるので気を付けでほしいものです。

 

このように、今まで投資に興味がなかった人が興味を持ったり、SNSに投資に関する広告が増えているのは、投資に対する裾野が広がりハードルが下がっている証左であるとも言えます。岸田政権が、今年を「資産所得倍増元年」とし、「貯蓄から投資へ」のシフトを進めている成果が表れているとも言えるでしょう。

 

この政策の大きな目玉としてNISAの抜本的な拡充があげられます。20241月から適用される新しいNISAの概要は以下のとおりです。

 

 

つみたて投資枠

成長枠投資

年間投資枠

120万円

240万円

非課税保有期間

無期限化

無期限化

非課税保有限度額

1,800万円

 

1,200万円(内数)

口座開設期間

恒久化

恒久化

投資対象商品

長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託

上場株式・投資信託等

対象年齢

18歳以上

18歳以上

※つみたて投資枠と成長投資枠は併用可

(金融庁HPより抜粋)

 

年間投資枠が最大360万円となることや非課税保有期間が無期限化する等かなり充実した内容となっており、ベテラン投資家も投資初心者も是非活用したい制度となっています。

 


古川

2024IPO社数(予定を含む)=36*

2023IPO社数(通期)=96*

 

5月17日現在

市場別

2024

(含予定)

2023

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

メイン-名

札幌(本則)

ネクスト-名

アンビシャス

0

4

32

0

0

1

0

2

23

66

5

1

1

0

 Qボード 0 1

合計

   37

99

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

 

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

サイト内検索

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 金融庁

 日本証券業協会

 東京証券取引所

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。 

 

2023IPO社数(通期)=96*

2022IPO社数(通期)=91*

 

市場別

2023

2022

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

メイン-名

札幌(本則)

ネクスト-名

アンビシャス

2

23

66

5

1

1

0

3※1

142

70※3

2

0

2

1

 Qボード 1 0

合計

   99

92

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

1:東証11社を含みます。

2:東証2部+JQ4社を含みます。

3:マザーズ10社を含みます。

2022IPO社数=91

2021年IPO社数=125社

 

市場別

2022

 

2021

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

東証1

2

10

60

1

6

東証2

3

8

マザーズ

10

93

JASDAQ

メイン-名

1

2

16

名証2

0

3

ネクスト-名

セントレックス

2

0

1

Qボード

アンビシャス

0

3

合計

92

130

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。