用語

IFRS

 

上場承認時点でIFRSを採用している会社(20201231日現在)

上場日

市場

会社名

業種別分類

ファンド比率

IPO
海外募集・売出

時価総額
(公開価格ベース)

2020/11/30

東証2

バリオセキュア㈱(注1

情報・通信業

100

84億円

2020/10/5

東証1

㈱ダイレクトマーケティングミックス

サービス業

95.7

541億円

2020/9/17

東証1

㈱雪国まいたけ

水産・農林業

51

877億円

2020/3/6

マザーズ

㈱きずなホールディングス

サービス業

100

 

80億円

2019/12/16

マザーズ

JMDC

情報・通信業

0

766億円

2018/12/12

東証1

アルテリア・ネットワークス㈱

情報・通信業

50

625億円

2018/12/19

東証1

ソフトバンク㈱

情報・通信業

0

71,807億円

2018/9/28

東証1

㈱ワールド

繊維製品

22.4

1,050億円

2018/4/11

マザーズ

㈱コンヴァノ

サービス業

95.2

 

21億円

2018/3/23

東証1

キュービーネットホールディングス㈱

サービス業

98.7

270億円

2018/3/20

東証2

信和㈱

金属製品

90

159億円

2017/12/21

東証2

プレミアグループ㈱

その他金融業

91.7

141億円

2017/12/14

東証1

アルヒ㈱

その他金融業

87.5

469億円

2017/10/5

マザーズ

MS & Consulting

サービス業

95.3

58億円

2017/3/30

東証1

㈱スシローグローバルホールディングス

小売業

98.4

989億円

2017/3/24

マザーズ

ソレイジア・ファーマ㈱

医薬品

46.8

 

155億円

2017/3/22

東証1

㈱マクロミル

情報・通信業

98.6

753億円

2016/9/2

マザーズ

㈱ベイカレント・コンサルティング

サービス業

64.9

 

325億円

2016/7/15

東証1

NYSE

LINE

情報・通信業

0

6,930億円

2016/6/29

東証1

㈱コメダホールディングス

卸売業

100

 

858億円

2015/12/16

東証1

㈱ツバキ・ナカシマ

機械

96.2

608億円

2015/11/20

東証1

㈱ベルシステム24ホールディングス

サービス業

50.1

 

1,137億円

2014/12/15

東証1

テクノプロ・ホールディングス㈱

サービス業

99.9

 

664億円

2014/10/9

東証1

㈱すかいらーく

小売業

100

2,331億円

(注1ファンド比率は、上場時の有価証券届出書「株主の状況」をもとに当社で推計した持株比率です。

(注2)バリオセキュア㈱は、直前々期よりIFRSに基づいた個別財務諸表を作成しており、有価証券届出書の「主要な経営指標等の推移」「経理の状況」に、IFRSに基づく経営指標等も記載しています。(監査済み)

 

 

 

IPO社数の市場別内訳(TOKYO PRO Market以外)

2021IPO社数(予定を含む)=68

2021

730日現在

上場

上場

予定

東証1

3

0

東証2

3

0

マザーズ

*44

*5

JASDAQ

*12

1

名証2

*1

0

セントレックス

*1

0

Qボード

0

*1

合計

64

7

複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

 

(ご参考)2020IPO社数=93 

 

上場

上場

予定

東証1

6

0

東証2

9

0

マザーズ

63

0

JASDAQ

14

0

セントレックス

1

0

合計

93

0

サイト内検索

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 金融庁

 日本証券業協会

 東京証券取引所

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。