IRInvestor Relations)」は、「投資家向け広報」とも呼ばれ、投資家に対し、企業の財務状況など投資判断に必要な情報を提供し、投資家との良好な関係を構築するための各種の活動を指します。

 

類似する概念として、「ディスクロージャー」がありますが、「ディスクロージャー」は、法令や規則に基づき強制されるもの(制度開示)であるのに対し、IRは、対話(情報提供)を充実させ、アピールしたい内容を積極的に開示するもので、「任意開示」という位置付けです。

 

(参考)SRPR

IRに類似する言葉として、SRShareholder Relations)やPRPublic Relations)があります。IRSRPRの範囲には重なる部分がありますが、概念的には以下の点で異なります。

IR

投資家に対し、企業の財務状況、経営戦略等の投資判断に必要な情報を提供し、投資家との良好な関係を構築するための各種の活動

SR

株主に対し、企業の財務状況、経営戦略等の情報(議決権行使に必要な情報を含む)を提供し、株主との良好な関係を維持・強化するための各種の活動

PR

会社を取り巻く社会に対して、企業理念、経営方針、事業活動・財務状況等の情報を提供し、株主、従業員、取引先、地域住民等、会社の関係者との良好な関係を構築するための各種活動

 

 

IR活動は、投資家に事業内容や経営戦略を伝え、会社の認知度を高めることからはじまり、会社の強み・弱み・課題などとともに魅力を理解してもらい、最終的には適正な株価形成に資することが目的とされます。(必ずしも良い情報には限らず、悪い情報についてもIR活動の中で投資家に説明してくことになります)

 

IR活動には、経営トップが積極的に取り組むべきものとされています。

具体的な活動としては、投資家向け説明会の開催、IRウェブサイトの構築、各種IR資料の作成、アナリストとの個別ミーティングなどを行います。

 

IR活動に関する上場審査) 

取引所は、上場会社のIR活動を重要視しています。

そのため、上場申請書類(Ⅱの部等)で、上場後のIR活動に関する方針や体制整備状況等について記載を求めています。

IR活動に関する上場審査)

取引所は、上場会社のIR活動を重要視しています。

そのため、上場申請書類で、上場後のIR活動に関する方針や体制整備状況等について記載を求めています。

上場申請書類でのIRに関する記載事項

市場

項目

記載事項等

東京証券取引所(マザーズ)

各種説明資料

IR活動について

IR活動に関する基本方針

・上場後のIR活動に向けた体制整備の状況(担当部署、担当人員等)

・上場後のIR活動の予定

東京証券取引所

JASDAQスタンダード)

JQレポート

上場申請理由等

 

上場後におけるディスクロージャー及びIR活動への取組みの抱負

記載項目の末尾に、代表者の署名が必要

東京証券取引所

JASDAQグロース)

JQレポート

上場申請理由等

 

上場後におけるディスクロージャー、中期経営計画に基づく会社説明会及びIR活動への取組みの抱負

記載項目の末尾に、代表者の署名が必要

 

 

サイト内検索

Loading

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 警察庁

 金融庁

 日本証券業協会

 日本弁護士連合会

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。