一般的には、プライシングとは価格を決定することをいいます。

上場時ファイナンスにおけるプライシングとは、公開価格(発行価格または売出価格)を決定することをいいます。

 

新規上場時のファイナンスでは、通常、ブックビルディング方式により公開価格を決定します。

公開価格決定までのプロセスは概ね以下のとおりです。

 

(公開価格決定のプロセスの概要)

① 想定発行価格の決定

主幹事証券が、発行会社の事業内容・利益計画の検討、類似会社との比較等を行った上で決定した価格帯を提示し、発行会社と協議の上、想定発行価格を決定します(想定発行価格は有価証券届出書に記載)。

 

 

 

 


 

② ロードショー、プレ・マーケティング→仮条件価格帯

の決定

会社幹部は機関投資家を訪問し、目論見書等を用いて事業内容等の説明を行います。

主幹事証券会社は、有価証券届出書提出後に機関投資家から、発行条件に対する意見聴取(プレ・マーケティング)を行います。

機関投資家からのフィードバックを判断材料として、ブックビルディングの仮条件価格帯を決定します。

 

 

 

 

 


③ ブックビルディング→公開価格の決定

決定された仮条件価格帯を前提として、引受証券会社は投資家の需要状況の調査(ブックビルディング)を行います。

調査の結果を判断材料として、新株発行または売出しの価格(公開価格)を決定します。

 

 

 

 

 

 

 


サイト内検索

Loading

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 警察庁

 金融庁

 日本証券業協会

 日本弁護士連合会

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。