コンドースメントとは、IFRSの適用方法を表すキーワードです。

コンバージェンス(convergence=収れん)とエンドースメント(endorsement:承認)の中間的なアプローチとして提唱された考え方で、「コンバージェンス」と「エンドースメント」をかけ合わせた造語です。

 

(エンドースメント)

エンドースメントは、IFRSの適用方法を表すキーワードです。

エンドースメントの場合、IFRSの基準のうち当局が承認した基準のみが採用されます。

承認に際し、当該国の事情に合わせて一部適用除外(カーブアウト)となる場合があり、また、部分的に追加・修正される可能性があります。

 

(コンドースメント)

コンドースメント・アプローチは米国で提唱されました。

コンドースメント・アプローチでは、米国はIASBが開発するIFRS基準をエンドースメントの手続きにより米国基準として順次受入れながら、米国基準とIFRS基準が併存する部分についてはコンバージェンスを実施することが想定されています。

 

 

 

関連項目:IFRSアドプションコンバージェンス

 

サイト内検索

Loading

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 警察庁

 金融庁

 日本証券業協会

 日本弁護士連合会

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。