第127条を適用しない場合

連結財務諸表作成会社のうち、会社法 第2条第11号に規定する会計監査人設置会社(特定の業種を除く)を特例財務諸表提出会社といい、特例財務諸表提出会社は、貸借対照表、損益計算書などを、より簡素化された様式(会社法の要求水準)で作成することができます。(財務諸表等規則 第127条)

 

特例財務諸表提出会社は、通常の様式で財務諸表を作成することも特例財務諸表提出会社の基準で簡素な財務諸表を作成することも可能です。

ただし、投資者の利便等を勘案するならば統一された基準で財務諸表を作成することが望ましいと思われます。

 

したがって、財務諸表等規則第127条の様式や注記の規定を適用する場合は、個別に適用の要否を判断するのではなく、同条に定める全ての項目を適用することが望ましいと考えられます。(パブリックコメントの概要及びそれに対する金融庁の考え方 24)

 

サイト内検索

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 金融庁

 日本証券業協会

 東京証券取引所

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。