KAM

KAMは(Key Audit Matters)の略で、「監査上の主要な検討事項」と訳されています。

 

KAM(監査上の主要な検討事項)は、監査人が「当年度の財務諸表の監査の過程で監査役等と協議した事項のうち、職業的専門家として当該監査において特に重要であると判断した事項」をいいます。(監査基準 第四 報告基準 二 2(2))

KAMは監査報告書上に、監査意見とは別の区分を設け、記載されます。

 

 

(KAM導入の経緯〜監査報告書の透明化)

従来の監査報告書は、記載文言を標準化して監査人の意見を簡潔明瞭に記載する形式でした。

しかし、近年の上場会社等の不正会計事件をきっかけに、会計監査の信頼性確保の取り組みの一環として、監査意見に加え、監査人が着目した虚偽表示リスクなどを監査報告書に記載する制度の必要性が叫ばれるようになりました。

(「会計監査の在り方に関する懇談会」提言など)

 

(KAM決定のプロセス)

①監査計画段階から、監査役等とKAM候補についてコミュニケーションを行う

②監査役等とのコミュニケーションを行った事項の中から、以下の点に考慮して、「監査上特に注意を払った事項」

   を決定する。

   ・特別な検討を必要とするリスク又は重要な虚偽表示のリスクが高いと評価された領域

   ・見積りの不確実性が高いと識別された会計上の見積りを含む、経営者の重要な判断を伴う財務諸表の領域に関連

     する監査人の重要な判断

   ・当年度において発生した重要な事象又は取引が監査に与える影響

③「特に注意を払った事項」の中から、特に重要であると判断した事項をKAM(監査上の主要な検討事項)とす

    る。

 

(KAMの内容)

KAMは2021年3月期の有価証券報告書等に含まれる監査報告書から導入されます(2020年3月期から早期適用可能)が、導入に先立ち、一部の上場会社と監査法人によるKAMの試行が行われ、その結果が日本公認会計士協会から公表されています。

試行の結果選定されたKAMの領域は、以下のとおりです。

(出典:「KAM試行の取りまとめ」日本公認会計士協会 2017年11月17日)

  ・資産(のれん以外の固定資産)の減損

  ・企業結合に関する会計処理、のれんの計上及び評価

  ・引当金・資産除去債務・偶発債務

  ・収益認識(工事進行基準、変動対価の見積り、期間帰属、過大計上リスク)

  ・資産の評価(公正価値測定を含む)

  ・税金計算(繰延税金資産の回収可能性を含む)

  ・専門的で複雑な計算を伴う準備金(会計上の見積り)

  ・連結範囲

  ・財務報告に関連するIT情報システム

 

サイト内検索

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 金融庁

 日本証券業協会

 東京証券取引所

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。