【原田】クイズ:証券コードへの英文字組み入れ

20241月以降に新規上場の承認が発表される上場株式等では、以下のように英大文字を組み入れた証券コードが利用されるようになったのはご存知のことと思います。

英大文字組み入れ証券コードの例         130A(㈱Veritas In Silico

(参考)従来の数字4桁の証券コードの例   8697(㈱日本取引所グループ)

 

そして英文字を組み入れた証券コードについては、以下のようなルールが設けられています。

2023年までに既に設定されている、数字のみの証券コードは変更しない

②英文字組み入れコードは、「130A」から順番に付番する(20241月承認分から開始)

③使用できる英文字は19文字(「B」、「E」、「I」、「O」、「Q」、「V」、「Z」は使用しない)

④まず証券コードの4桁目を英文字とし、4桁目のみが英文字の証券コードを全て使用した場合は、2桁目のみ英文字の証券コードを「1A00」から付番する 他

(注)ルールの詳細は、以下をご参照ください。

https://www.jpx.co.jp/sicc/code-pr/index.html

 

よくよく考えてみると、上記①のルールがあることから、「証券コードへの英文字組み入れ」はIPOとつながりの深い制度といえます。

そこで今回は、「証券コードへの英文字組み入れ」に関するクイズを作ってみました。

簡単ですし、上場審査とも無関係ですので、気軽に「○」または「×」でお答えください。

 

【問題編】

1問 現在、数字のみの証券コードのうち最も若い番号は1301(㈱極洋)、英文字組入の証券コードで最も若い番号は130A(㈱Veritas In Silicoですが、会社四季報では「130A」が「1301」より前に掲載されている。

2問 「4桁目のみが英文字のコードを使い切るまでには約100年かかる」という試算が存在する。

3問 202312月に上場廃止となった㈱東芝(6502)が、今後再上場する場合、証券コードは「6502」が引き継がれる。(ただし、再上場時の法人格は、上場廃止前の法人格と同じであるとする)

4問 2023年までに上場承認(例:コード9809)が発表されたものの、その後上場中止となった会社が、20241月以降に再度上場承認される場合、証券コードは「9809」が引き継がれる。(再承認時の法人格は、最初の上場承認時と同じであるとする)

5問 2024年に上場承認(例:コード999Y)が発表されたものの、その後上場中止となった会社が、再度上場承認される場合、証券コードは「999Y」が引き継がれる。
(再承認時の法人格は、最初の上場承認時と同じであるとする)

 

 

【解答編】

1問 【×】 会社四季報(20242集 春号kindle版)で確認したところ、掲載順は、
1301
130A1332・・・でした。したがって正解は【×】とします。

2問 【○】 youtubeで公開されている動画「証券コード(株式固有名コード)への英文字の組入れについて」の22分あたりで、「現在の付番のペースで試算すると、4桁目のみが英文字のコードで100年くらい対応できる」という趣旨のコメントがあります。したがって正解は【○】とします。

3問 【○】 資料 「「証券コードへの英文字組入れに関するWEB説明会」の質疑応答の内容」の質問5の回答として、
「・・・例えば、20241月以前に上場していた銘柄で、一旦、上場廃止になったものの20241月以降に再上場する場合などは、法人格が同じであれば、以前付番した数字のみのコードを使用します」とあります。

4問 【×】 第3問のように、証券コードが引き継がれるためには、上場承認されただけでなく、上場した実績が必要だそうです。(証券コード協議会に確認しました)
たとえば、2023年の上場承認後に上場が中止となり、2024年に再度上場承認された㈱トライアルホールディングスの場合、2023年承認時の証券コードは「5882」、2024年再承認時の証券コードは「141A」となっています。

5問 【×】 第4問と同じで「×」だそうです。
いったん証券コード「999Y」で上場承認された後に中止となった場合、「999Y」は欠番扱いとなり、以後の再承認時に別のコードが付番されるとのこと。

(注)2023年までの再承認の場合、以前の承認時と同じ証券コードとなる例しか見た記憶がありませんでしたが、どうもこれは、数字のみのコードの涸渇が近いため、例外的にコードを再利用していたようです。

 

 

原田

2024IPO社数(予定を含む)=26*

2023IPO社数(通期)=96*

 

4月12日現在

市場別

2024

(含予定)

2023

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

メイン-名

札幌(本則)

ネクスト-名

アンビシャス

0

3

23

0

0

1

0

2

23

66

5

1

1

0

 Qボード 0 1

合計

   27

99

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

 

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

サイト内検索

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 金融庁

 日本証券業協会

 東京証券取引所

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。 

 

2023IPO社数(通期)=96*

2022IPO社数(通期)=91*

 

市場別

2023

2022

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

メイン-名

札幌(本則)

ネクスト-名

アンビシャス

2

23

66

5

1

1

0

3※1

142

70※3

2

0

2

1

 Qボード 1 0

合計

   99

92

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

1:東証11社を含みます。

2:東証2部+JQ4社を含みます。

3:マザーズ10社を含みます。

2022IPO社数=91

2021年IPO社数=125社

 

市場別

2022

 

2021

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

東証1

2

10

60

1

6

東証2

3

8

マザーズ

10

93

JASDAQ

メイン-名

1

2

16

名証2

0

3

ネクスト-名

セントレックス

2

0

1

Qボード

アンビシャス

0

3

合計

92

130

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。