【関口】採用ミスマッチ

 最近、「退職代行サービス」の利用者が増えているというニュースを目にしました。このサービスは、自分の代わりに勤務先に退職の意思を伝えてくれたり、退職手続きや会社とのやり取りの仲介をしてくれるものです。退職の意思を伝える際の心理的な負担の軽減や、迅速・円滑に退職手続きを進められることなどから、若い世代を中心に利用が増えているようです。

 意外にも新入社員からの依頼も少なくなく、4月1日の入社式の直後から毎日のように新入社員からの依頼が発生していたそうです。その退職理由として最も多いのが「入社してみると、事前に聞いていた話や条件と違っていた」というものです。

 

 これは新入社員に限った話ではなく、私自身も頻繁に似たような話を耳にします。最近、クライアントの上場準備企業のCFOや管理部長の採用支援として面接に同席する機会が多くありました。候補者は経験豊富な方々ですが、履歴書の職歴を見ると、多くの方が上場準備企業を短期間で離職していることに気づきました。退職理由を尋ねると、多くの方が「事前に聞いていた話と実際が異なっていた」と答えます。具体的な内容を聞くと、「さすがにそれは話が違い過ぎるのではないか・・」と感じるケースも多々ありました。

 

 企業が良い人材を獲得したいという思いから、実際よりも良い話をしてしまう気持ちは理解できるところもあります。しかし、あまりにも実態と異なる話をして入社させた場合、その嘘はすぐに明らかになり、結果として短期の離職に繋がります。

 これは企業にも求職者にも良い結果を生みません。企業側では採用にかかるコストや時間の無駄が生じるとともに、その間の業務が滞るリスクもあります。また、求職者側ではキャリアにおけるブランクが生じたり、短期間での転職が続くことで次の転職活動において不利になる可能性があります。

 

 上場準備企業は業績や内部管理体制など、どの会社も課題が山積みであることが通常ですが、採用活動においては良い話ばかりをするのではなく、実際の自社の課題を正直に伝えることも重要だと感じます。そして、その上で求職者にとって魅力的なチャレンジと成長の機会があることを説明する方が良いのではないでしょうか。

 採用決定までに時間と労力がかかる可能性はありますが、実態を正直に伝えることで会社の透明性や誠実性が伝わりますし、課題も理解した上で入社を決めてくれる求職者は、現実的な期待と覚悟を持って入社し、結果として長期的に企業に貢献してもらえる可能性が高まるように思います。

 

関口

 

2024IPO社数(予定を含む)=45*

2023IPO社数(通期)=96*

 

7月12日現在

市場別

2024

(含予定)

2023

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

メイン-名

札幌(本則)

ネクスト-名

アンビシャス

0

7

38

1

0

1

0

2

23

66

5

1

1

0

 Qボード 0 1

合計

   47

99

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

 

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

サイト内検索

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 金融庁

 日本証券業協会

 東京証券取引所

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。 

 

2023IPO社数(通期)=96*

2022IPO社数(通期)=91*

 

市場別

2023

2022

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

メイン-名

札幌(本則)

ネクスト-名

アンビシャス

2

23

66

5

1

1

0

3※1

142

70※3

2

0

2

1

 Qボード 1 0

合計

   99

92

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

1:東証11社を含みます。

2:東証2部+JQ4社を含みます。

3:マザーズ10社を含みます。

2022IPO社数=91

2021年IPO社数=125社

 

市場別

2022

 

2021

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

東証1

2

10

60

1

6

東証2

3

8

マザーズ

10

93

JASDAQ

メイン-名

1

2

16

名証2

0

3

ネクスト-名

セントレックス

2

0

1

Qボード

アンビシャス

0

3

合計

92

130

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。