「親引け」とは、株券等の募集又は売出しの引受等を行う者(引受証券会社)が、発行会社が指定する先へ株券等の売付けを行うことをいいます。(株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分等に関する規則(以下「規則」。)第2条第2項)

 

引受証券会社には、引受等を行った株券等を、合理的な理由なく特定投資家に偏らないように販売する義務があり、この観点から「親引け」は原則として禁止されています。(規則第2条 第1項、同第2項)

 

新規上場会社が行う募集・売出しについても例外ではなく、引受証券会社は、市場の実勢、投資需要の動向等を勘案し、発行会社の意向に左右されることなく、自らの判断で株券の販売先を決定します。

 ただし、以下の要件をすべて充足する場合には、例外的に「親引け」を行うことができます。(規則第2条 第2項ただし書き)

1)「当該親引けを行ったとしても、合理的な理由のない特定投資家に偏った販売には該当しない」と引受証券会社が判断している。

2)発行会社が親引け予定先の状況 当該親引けに係る株券等の譲渡制限、発行条件に関する事項、当該親引け後の大株主の状況等を適切に公表する。

3)当該募集等の実施後180日間継続して所有することの確約を主幹事証券が親引け予定先から書面により取り付ける。

 

(親引けが認められる場合)

日本証券業協会の「親引けガイドライン」には、親引けが認められる場合として、以下の項目が例示されています。

1)株券、新株予約権証券、新株予約権付社債券、優先出資証券又は外国株信託受益証券

イ 連結関係又は持分法適用関係を維持するために必要な場合

ロ 企業グループ全体での持株比率を維持するために必要な場合

ハ 業務提携の関係にある株主がその持株比率を維持するため又は当該関係を形成しようとする者が一定の株式を保有するために必要な場合

ニ 株券の募集又は売出しの場合で、当該募集及び売出しに係る株式数の10%を限度として持株会等を対象とするとき

ホ 発行者(連結子会社又は持分法適用会社を含む。)の取締役等又は従業員若しくはその予定者に報酬、給与又は賞与として新株予約権を配分する場合

ヘ 発行者のコーポレートガバナンス向上又は企業価値の向上(発行者の信用力の向上によるものを含む。)に資する機関投資家等に配分する場合

2)以下、省略 

 

上記の例示のうち、「(1)ヘ」は、20227月の「親引けガイドライン」改正時に新設された項目で、香港の上場制度にある、いわゆる「コーナーストーン投資家」に配分する場合などが該当します。

(「親引けガイドライン」の改正に係るQ&A Q5

なお、上場時公募・売出しにおける親引け先への販売の詳細は、訂正有価証券届出書(公開価格決定時)の「募集又は売出しに関する特別記載事項」で確認することができます。

 

 

関連項目:コーナーストーン投資家

 

2024IPO社数(予定を含む)=26*

2023IPO社数(通期)=96*

 

4月12日現在

市場別

2024

(含予定)

2023

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

メイン-名

札幌(本則)

ネクスト-名

アンビシャス

0

3

23

0

0

1

0

2

23

66

5

1

1

0

 Qボード 0 1

合計

   27

99

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

 

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

サイト内検索

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 金融庁

 日本証券業協会

 東京証券取引所

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。 

 

2023IPO社数(通期)=96*

2022IPO社数(通期)=91*

 

市場別

2023

2022

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

メイン-名

札幌(本則)

ネクスト-名

アンビシャス

2

23

66

5

1

1

0

3※1

142

70※3

2

0

2

1

 Qボード 1 0

合計

   99

92

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

1:東証11社を含みます。

2:東証2部+JQ4社を含みます。

3:マザーズ10社を含みます。

2022IPO社数=91

2021年IPO社数=125社

 

市場別

2022

 

2021

(参考)

プライム

スタンダード

グロース

東証1

2

10

60

1

6

東証2

3

8

マザーズ

10

93

JASDAQ

メイン-名

1

2

16

名証2

0

3

ネクスト-名

セントレックス

2

0

1

Qボード

アンビシャス

0

3

合計

92

130

 複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。