【関口】2019年IPO業界振り返り

2019年のIPO予定企業が出揃ったため、今年のIPO市場を振り返ってみたいと思います(以下の社数には、上場承認済みの12月上場予定企業も含まれています)。

  • 2019年のIPO社数は合計で85社(※)でした。2018年のIPO社数は90社だったため、前年比で5社減少しました。
  • 公募価格ベースでの時価総額のトップはSansanの約1,300億円でした。時価総額が1,000億円を超える上場はSansan 1社のみとなる見込みで、いわゆる超大型の上場は少ない年でした。
  • ウイングアーク1st及びファンペップの2社は、上場承認後、両社からの申し出により、上場前に承認取り消しとなりました。
  • 2017年にプロ向け市場であるTOKYO PRO Marketに上場したglobal bridge HOLDINGSが12月にマザーズへ上場します。TOKYO PRO Marketを経由しての上場は2社目となりました。
  • 市場別ではマザーズが63社と圧倒的で、東証1部・2部が12社、JASDAQスタンダードが6社となりました。また、地方市場である福証本則、福証Qボード、札証アンビシャス、名証セントレックスにおいて、それぞれ1社のIPOがありました(重複上場は除いています)。
  • 主幹事証券はSMBC日興証券と大和証券が20社で首位。野村證券17社、みずほ証券11社、SBI証券6社と続きました(社数は東証公表資料の「幹事取引参加者」の記載ベースで、共同主幹事として複数の証券会社の記載がある場合は全て加算しています)。
  • 監査法人は新日本が22社で首位。次いでトーマツ21社、あずさ19社となっており、大手3法人で全体の約73%のシェアを占めています。ただ、前年の大手3法人によるシェア約83%と比較すると寡占率は低下しており、大手監査法人の受け入れ余力不足に伴って監査法人の裾野が広がっている可能性があります。
  • 印刷会社についてはプロネクサスが43社、宝印刷が42社となりました。
  • 証券代行機関については三井住友信託が35社で首位、次いで三菱UFJ信託31社、みずほ信託が15社となっています。

※TOKYO PRO Marketへ新規上場した9社を合わせると95社になります。当記事では、TOKYO PRO Marketへの上場は社数から除いています。

 

現在、金融庁や東証において「市場構造の在り方」の検討が進められており、市場区分の再編も予定されています。それに伴い来年以降に上場基準などが変化する可能性もありますが、IPOを目指す企業の数は依然として高水準のため、来年のIPO市場も堅調になることが期待されます。

 

関口

 

サイト内検索

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 警察庁

 金融庁

 日本証券業協会

 日本弁護士連合会

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。