【関口】2020年IPO業界振り返り

2020年のIPO予定企業が出揃ったため、今年のIPO業界を振り返ってみたいと思います(以下の社数には、上場承認済みの12月上場予定企業も含まれています)。

 

  • 2020年のIPO社数は合計で93社(※)でした。2019年のIPO社数は86社だったため、前年比で7社増加しました。新型コロナウイルスの影響でIPO市場も大きな悪影響を受けることも想像されましたが、結果としては前年を上回るIPO社数となり、活況な1年となりました。
  • 新型コロナウイルスがマーケットや業績に影響を与えたため、3月~4月に上場を予定していた18社が上場を取りやめました。一方、18社のうち10社はその後、2020年内にIPOを果たしています。また、8月に上場承認された大型案件のキオクシアも、同社からの申し出により上場承認が取り消されています。
  • 18社のうちの1社であるSpeeeは、3月の上場承認時はマザーズへの上場予定でしたが、7月の上場はJASDAQスタンダードへの上場で、短期間に上場市場が変わった珍しいケースでした。
  • 市場別ではマザーズが63社と圧倒的で、東証1部・2部が15社、JASDAQスタンダードが14社となりました。また、地方市場である名証セントレックスで1社のIPOがありました(重複上場は除いています)。
  • 主幹事証券は野村證券が22社で首位となっており、以下、みずほ証券21社、SMBC日興証券15社、SBI証券14社、大和証券13社と続きました(社数は東証公表資料の「幹事取引参加者」の記載ベースで、複数の証券会社の記載がある場合は全て加算しています)。
  • 監査法人は新日本が27社で首位。次いであずさ22社、太陽11社、トーマツ10社となっています。新日本、あずさ、トーマツの3法人が1位~3位を占めることが毎年続いていましたが、今年は太陽が3位となっており、これまでと傾向が変わっています。また上記以外の監査法人として13法人の名前があり、監査法人の裾野が広がっています。
  • 印刷会社についてはプロネクサスが49社、宝印刷が44社となりました。
  • 証券代行機関については三菱UFJ信託が42社で首位、次いで三井住友信託が32社、みずほ信託が17社となっています。

 

※TOKYO PRO Marketへ新規上場した10社を合わせると103社になります。当記事では、TOKYO PRO Marketへ

 の上場は社数から除いています。

 

新型コロナウイルス対策として新規上場日の東証の上場セレモニーも中止されていましたが、11月から参加者の人数制限はあるものの再開され、正常化へ向けた動きが出ています。資金調達の環境としては、VCの活動は4月~6月は停滞したものの7月以降はほぼ通常の状況に戻っているとのことで、新規の投資資金も入っていると聞いています。足元で新たに上場準備を開始する企業数も高水準のため、(新型コロナウイルスの今後の状況にもよりますが)来年以降のIPO市場も堅調になることを期待したいです。

 

関口

 

IPO社数の市場別内訳(TOKYO PRO Market以外)

2021IPO社数(予定を含む)=31

2021

4月16日現在

上場

上場

予定

東証1

2

1

東証2

1

0

マザーズ

17

2

JASDAQ

7

1

名証2

1

0

合計

28

4

複数市場へ同時に上場する会社があるため、IPO社数と市場別内訳の合計は一致しない点にご注意ください。

 

2020IPO社数=93 

 

上場

上場

予定

東証1

6

0

東証2

9

0

マザーズ

63

0

JASDAQ

14

0

セントレックス

1

0

合計

93

0

サイト内検索

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 金融庁

 日本証券業協会

 東京証券取引所

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。