定性的情報とは、有価証券報告書、事業報告、決算短信等の記載項目のうち、「財務情報だけでは読み取ることが困難な会社各社の経営実態について、会社自身の分析や判断に基づいて説明を行った文章情報」をいいます。

 

 

 

 

 

(決算短信の定性的情報)

決算短信の定性的情報としては、たとえば、セグメント・事業分野別の見通しや業績に大きな影響を与える可能性のある重要な経営上の施策など、将来予測情報の背景についての説明が考えられます。

 

決算短信には、東証が要請する記載事項以外にも、投資判断に資する定性的情報の記載が可能です。

定性的情報の作成にあたっては、できる限り、分かりやすい表現や表示とすることが重要です。

東証の「決算短信・四半期決算短信 作成要領等」(2018年8月版)は、定性的情報作成時の留意事項として以下の例を挙げています。

・業種や業界における専門用語には、欄外などにおいてできる限り注釈を付す。

・文章表現は、難解な表現をできる限り避け、具体的に記載する。

・決算説明会資料、決算内容の補足説明資料等を含めて、グラフや図表を積極的に活用し、わかりやすい表示を心掛ける。

・文章や数字の重要な点について、色付けや下線を付すなどの方法により強調表示する。

 

 

関連項目:決算短信(含む四半期)

 

サイト内検索

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 警察庁

 金融庁

 日本証券業協会

 日本弁護士連合会

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。