【原田】チェックリスト

上場準備の作業にかかわっていると「上場準備作業のチェックリスト」、「決算作業に係るチェックリスト」、「労務管理のチェックリスト」など、多くのリストを見る機会があります。(東京証券取引所の新規上場ガイドブックにも、マザーズ事前チェックリストが掲載されています。)

 

チェックリストには、「必要な作業等の漏れを防ぐ」「一定レベルのノウハウを多数で共有する」という役割がありますので、限られた時間の中で多くの課題を効率良く処理しなければならない上場準備にとって、チェックリストは非常に有効です。

そして上場準備会社の裾野の広がりやコンプライアンス意識の高まりを背景に、上場準備におけるチェック項目は、質・量ともに増大しています。

 

一方、チェックリストにも限界はあります。

たとえば「与信管理制度が適切に整備、運用されているか」というチェック項目は、与信管理の運用状況の確認漏れを防ぐことはできますが、制度の有効性を評価することまではできません。

与信管理制度評価のためには、「経営者は与信管理の重要性を理解しているか」「与信限度は合理的な方法で設定されているか」・・・のように、チェック項目を細分化していく必要がありますが、チェック項目を細かくすればするほど評価対象の個別事情を反映することが難しくなります。

そのため実際のチェック項目は、多くの場合、ある程度の柔軟性をもって設定されており、

その結果、合格ギリギリのレベルになると、チェック者により「チェックを入れる(合格)」、「入れない(要改善)」といった判断の差が生じることになります。

 

1つの項目に限れば、この差の影響は小さいかも知れません。しかし、チェック項目が多くなると、影響は無視できない場合があります。仮にすべてのチェック項目をギリギリのレベルで合格となった会社があるとして、その会社が全体として合格レベルなのかというと、そうとは限らないと思います。

 

当然のことですが、上場準備チェックリストの最後の項目は「上場会社としてふさわしい会社か」です。

個別のチェック項目の消し込みに汲々として、最後のチェック項目を忘れることがないよう気をつけたいと考えています。

 

原田

サイト内検索

Loading

メンバーブログ

過去分はメンバー紹介ページの各メンバーのブログ欄をご参照ください。

株式会社ラルク

 

【ご注意ください】

当社の社名を名乗った振込詐欺行為が確認されております。当社が個人に対して振込請求を行うことは、有料サービスの提供等、お客様からのお申込みやご依頼に基づくものを除きございませんので、ご注意願います。 

(ご参考窓口)

 警察庁

 金融庁

 日本証券業協会

 日本弁護士連合会

 国民生活センター

 東京都消費生活総合センター

また、現在、世界中で「コールド・コーリング(Cold Calling)」と呼ばれる詐欺的な証券投資勧誘行為も行われております のでご注意願います。